カーライフをもっと楽しく、快適に!カーライフ情報

駐車のコツPart3(応用編 縦列駐車)

路肩にあるパーキングに駐車するときなど、ベテランドライバーでもバックしながらタイミングを見てハンドルを切る操作が苦手……という人も多いのではないでしょうか? 

今回は安全かつスムーズに縦列駐車できるテクニックをご紹介します。ぜひ一度お試しください。

STEP1
前方のクルマと平行に停車し、左にハンドルを切る

まずは駐車したいスペースの前に駐車しているクルマ(いない場合は駐車の枠など)に対して平行に停めます。
その際、横の間隔は1mくらいにして余裕をもたせましょう。位置をしっかりと合わせられたら、ハンドルを左にいっぱい切り、ゆっくりとバックします。

CHECK スタート位置は?

横のクルマと平行に停め、その際ミラー位置を横のクルマと合わせるようにすると縦列駐車するのに充分な距離が保てます。

STEP2
右ドアミラーに後ろのクルマ全体が映るまでバック

ハンドルを左に切ったままバックします。その際にドアミラーで後方も確認しながら進みます。
ゆっくりと進んで、後ろに駐車しているクルマがすべてドアミラーに映ったら一度停止。そこで、ハンドルを真っ直ぐに戻します。
ハンドルを真っ直ぐに戻してさらにバックし、ゆっくりと駐車したいスペースに進入していきます。

CHECK よくある失敗例

バックするにつれて、右側のドアミラー内に次第に後ろのクルマ全体が見えてきます。すべて見えたら一旦停止。

STEP3
左後ろの角が路肩に近づいたらハンドルを右いっぱいに切る

クルマのオシリの左角が路肩に近づいてきたら、再度ストップ。今度は右にハンドルを切ります。切り終わったら、そのままバックします。
バックする際は、前後のスペースや間隔を確認しながら進みます。少しでも危険を感じたらストップして、再度やり直すようにしましょう。無理に一度で入れようと思ったり、焦るのは禁物です。

CHECK よくある失敗例

タイミングが遅い
タイミングが早い
ハンドルを右に切るのが遅いと後輪が路肩に当たってしまい、それ以上進めず、うまく収めることができません。そのまま一旦前に出て、切るタイミングを早めればうまく収まります。
早いと一見うまく収まるように思えますが、スペースに対して飛び出た状態での駐車になってしまいます。STEP1からやり直しましょう。
同乗者の最適フォローとは?
同乗者は冷静に見ることができるので、自分だけがわかっている状態になりがちです。一方、運転者は頭の中が混乱している状態。横からただ手を出すだけではますます混乱するだけです。
車内から確認のフォロー
運転者の目の代わりになるつもりで、確認をフォロー。「右にゆっくり切る」など、具体的な指示をしてあげると、頭の中が整理でき、落ち着いて操作することができます。
車外に出て確認
外の状態がわかりにくいと、不安になりがちです。同乗者が外に出て、それぞれの間隔などを声と手振りで指示するだけで、安心感はグッと高まります。
監修:モータージャーナリスト 菰田 潔

菰田潔(こもだきよし)
モータージャーナリスト

交通安全や安全運転に関する判りやすい講演で定評。

自動車が好きというより、運転することが好きなモータージャーナリスト。
日本自動車ジャーナリスト協会副会長をはじめ、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、BMWドライバー・トレーニングのチーフインストラクターなどを兼務。また警察庁・交通企画課の違法駐車問題対策懇談会の委員を勤めるなど、自動車業界の多彩なフィールドで活躍している。
著書には「BMWの運転テクニック」(スコラ)や「BMWの運転テクニック2002」(メディアファクトリー)など。

※2015年9月更新(2010年10月公開)
※紹介する方法は一例です。おクルマの取扱説明書に従って、その場の状況に合わせた適切な方法で対処してください。
覚えてますか?駐車の基本!
初心者でも安心な、安全でスムーズな車庫入れのテクニックをご紹介します。
お苦手な駐車を克服するコツをご紹介。駐車にきくハンドル&ブレークテクニックとは?