Nissan
日本の四季をドライブで楽しもう
イベント、テーマに合わせたスポット、コースをご紹介
ドライブ好きのための全国ドライブスポット情報
みんなが注目しているドライブスポットが一目で分かる!
お気に入りのコースや、思い出のスポット、まとめ方は自由です
愛車や家族、あなたの思い出を語りませんか?
あなたの思い出の1コマ、大募集!
ドライブにまつわる素敵なエピソードを是非ご投稿ください
全国から寄せられた、クルマと人との心温まるエピソード
手軽な車内お掃除術、タイヤ交換など、お役立ち情報をご紹介
サイコロを振って出てきたスポットへGO!
カーライフを楽しむ365日
ドライブが楽しくなる会話のコツとは?
ペーパードライバーを卒業したい、免許を取得したい方必見!
ドライブナビをシェア

カーライフサポート日産ドライブナビ

ドライブマップ

ドライブスポット情報

たいしょうかにのいえ大正カニの家

クチコミ投稿 1件
おすすめ度 5.0
テーマ
  • 宿泊

スポット基本情報

スポット名 大正カニの家
スポット名かな たいしょうかにのいえ
テーマ 宿泊
所在地 北海道帯広市大正東1(大正ふれあい広場内)
アクセス 車で、札幌市から約215km(約3時間10分)、千歳からは約180km(約2時間40分)、釧路からは約150km(約3時間)。
周辺駐車場 無料あり
登録日:2012/09/03 登録者:はなくそオヤジさん(50代)
※登録内容の修正依頼は「クチコミ投稿フォーム」からご連絡ください。 > 掲載内容に関する取扱いのご注意

このスポットのあなたならではの感想や写真をお待ちしています!

投稿してAmazon ギフト券をGETしよう!キャンペーン開催中!

HAPPY DIRVE LIFE
ここは私の青春スポットです!という方は…

クチコミ情報

クチコミ投稿:1件
  • 父や祖父の青春時代から現代へ。
    バイク・自転車・徒歩での旅行者のための無料宿泊施設です。

    諸般の事情で、「旅行者以外及び四輪車による旅行者は利用禁止」となっています。広い駐車場がありますが、車を乗り入れての利用はできません。

    「カニ」とは、昭和40年(1965年)頃、北海道を長期の低予算旅行する若者達は、大量の荷物が入った大きなリュックサックを背負い、当時の国鉄を利用して周遊していました。

    改札口を通る際や列車に乗り込む際に、背中の大きなリュックサックが支障となり、体を横向きにして歩く必要がありました。その姿を見た地元の人達が「リュック族」と呼ぶようになり、その後に、新聞が「カニ族」と紹介したことから、その名が定着しました。現在の「バック・パッカー」の前身ですね。

    この若者達が、当時の国鉄「帯広駅」の構内や周辺の軒下にテントを張ったり、野宿(ゴロ寝)するようになり、風紀上好ましくないなどの諸問題が生じたことから、この対応策として昭和46年(1971年)、国鉄や地元の労働組合が帯広市と協力して帯広駅の構内の一角に大型テントを張り、カニ族が宿泊できる臨時の簡易宿泊所を設置したところ、「カニの家」と呼ばれるようになりました。

    当時は、単に泊まれるだけの質素な施設(テント張り)でしたが、現在のカニの家は、平成13年にリニューアル・オープンした施設で、キッチン・シャワー付きのオール電化のログハウスで、女性専用の部屋やバーベキューハウスまでも完備され、女性や親子連れの利用が増えていますよ!

    利用できる期間は、毎年6月上旬から10月上旬です。(確認先~帯広市商工観光部)
    おすすめ度
    5.0
    おすすめポイント
    • 子連れ
    • デート
    • 癒し

周辺スポット情報

北海道 人気スポットランキング
北海道 人気スポットランキング
[集計期間:2017/08/01~2017/08/31] 集計期間でページ閲覧回数の多かったスポットを表示しています。
ドライブマップに掲載されているスポット情報やクチコミ情報は、ユーザーのみなさまより提供いただいた情報であり、現在のスポットの実際と異なる場合があります。掲載情報の取り扱いについて詳しくは利用規約注意事項投稿のコツをご参照ください。

※Amazon.co.jpは、本キャンペーンのスポンサーではありません。
※Amazonギフト券細則についてはhttp://amazon.co.jp/giftcard/tcをご確認ください。
※Amazon、Javari.jp、Amazon.co.jp およびAmazon.co.jpのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
ページの先頭へ