カーライフサポート日産ドライブナビ

全国のおすすめ潮干狩りスポット

毎年数多くの潮干狩り客でにぎわう人気潮干狩りスポットをご紹介します。

富津海岸潮干狩り場(千葉県)
【期間】3月19日(土)~8月31日(水)
【貝の種類】アサリ >> 詳細はこちら

海の公園(神奈川県)
【期間】通年(3月中旬~6月が適期)
【貝の種類】アサリ、シオフキ貝、カガミ貝、マテ貝など>> 詳細はこちら

御殿場海岸(三重県)
【期間】3月~9月
【貝の種類】アサリ、ハマグリ、マテ貝、バカ貝、シオフキ貝 >> 詳細はこちら

金田海岸潮干狩場(千葉県)
【期間】4月2日(土)~7月6日(水)
【貝の種類】アサリ、ハマグリ >> 詳細はこちら


テーマ別に探せる潮干狩りスポット、日本全国潮干狩りマップ、潮干狩りのお役立ちコラムなどが盛りだくさん!

潮干狩りに適したスタイル

  1. (1)砂対策:割れた貝殻などで怪我をするため裸足はNG。春は長靴、夏はビーチサンダルで。短パンか膝丈のパンツなら足に砂がついても気にならない
  2. (2)気温差対策:海に入ると浜辺より寒いので、普段より一枚多く羽織って。
  3. (3)紫外線対策:襟付きの長袖シャツやつばのついた帽子で日焼けを防いで。軍手も装着すれば完璧!

潮干狩りに便利な道具

  1. (1)熊手、スコップ:貝を掘る道具をまず用意。レンタルできる潮干狩り場もある。
  2. (2)バケツ、網:貝を持ち帰る入れ物も必要。気温が高い日にはクーラーボックスがあると傷みを防げる。
  3. (3)空のペットボトル:貝の砂を吐かせるには海水に近い濃度の食塩水が必要。ペットボトルに海水を汲んで持ち帰れば、わざわざ食塩水を作る手間が省ける。

貝の特徴と採り方を知ろう!

アサリ特徴:潮干狩りで採れる代表的な貝。長さ4cmほどで、表面がざらざらしている。貝の模様はしま模様、幾何学模様などさまざまで、2つと同じものはないと言われている。
採り方:浅い場所にすんでいるので、砂の表面を広く掘るのがコツ。熊手を使って、2、3回掘ったら移動することを何度か繰り返すと見つかる。ポツポツと穴が開いているところに貝が住んでいるので、集中的に掘ってみて。

ハマグリ特徴:アサリと同じ形だが殻長6cmほどの大きさで表面がツルツルしている。色は黄色っぽい茶色。よく成長したものでは10cm以上になることもある。
採り方:アサリと同じように浅く広く掘っては移動して見つけるが、住んでいる場所はアサリより沖の方。潮干狩りではあまり見かけないので、根気良く探そう。

カガミ貝特徴:真っ白でつやのある、丸い貝殻が美しい。殻長は7cmほどで厚みはあまりなく、平らな形をしている。
採り方:アサリより沖の方で採れる。表面から30cmほどの深いところに住んでいるので、スコップなどを使って根気良く掘ろう。

シオフキ貝特徴:表面がツルツルしていて、小さく丸みのある貝。殻長は3cmほど。砂を吐きにくいので、沸騰させたお湯で砂抜きをして食べる。名前の通り、ピュッと潮を吹く貝。
採り方:熊手を使って干潟の表面を引っかくように掘る。2、3回掘ったら少し移動して、浅く広く探そう。

バカ貝特徴:三角形をしていて、殻長は8cm程度。表面は黄褐色をしている。寿司ネタの青柳のこと。砂抜きに手間がかかるが、ゆでて酢味噌などで食べるとおいしい。
採り方:アサリよりも沖の方に住んでいる。殻が柔らかいので、熊手を使うときは注意して掘ろう。砂に開いた少し大きめの穴を目印に探すと見つかる。

マテ貝特徴:細長い筒のような形が特徴的。薄い殻を持ち、殻長は10cm程度。数10cm~1mの深さに住んでいる。
採り方:砂を浅く削るように掘り、猫の面の形をした穴を見つける。穴に塩をかけると、水が上下に動く。少し待って飛び出してきたところを素早く掴み、殻を割らないようにそっと引っ張り出そう。

季節の特集 おすすめコンテンツ

【春ドライブ特集】みんなでつくるお花見ガイド 【お花見マップ】地図から探すお花見スポット 旬の味覚を味わう!【いちご狩り特集】